ブログUPしました!「アニマルコミュニケーターとアニマルインタプリター(動物通訳士)の違いは何ですか?」

こんにちは。

ギフトタンクです。はやいもので、もう10月ですね。

10月になるとそろそろ来年2020年の予定を考え始める、なんて時期なのでしょうか。 最近は、アニマルコミュニケーションの資格や学習について検討いただいてる方からのお問い合わせを多数頂いております。

その中で、最も多いのが「アニマルコミュニケーターとアニマルインタプリター(動物通訳士)の違いは何ですか?」 ということです。 本日は、その質問にについてお答えできればと思います。

ギフトタンクは「アニマルコミュニケーションの新たな領域へ」というコンセプトでアニマルコミュニケーション の脳力開発のための研究・教育を行い、様々な企画を提供しています。

その1つが、日本初のアニマルインタープリター(動物通訳士)を養成するオンラインカレッジ AICS(アニマルアンドネイチャーカレッジオブSAVIC)です。

動物の言葉を忠実にそして正確に伝えることのできるエキスパート「アニマルインタープリター(動物通訳士)」 の育成を目的にしています。

この「動物の言葉を忠実にそして正確に伝える」ということこそが、まさにアニマルコミュニケーションの更なる領域であり、 そこにダイレクトに取り組むトレーニング環境とカリキュラムを提供しているのがAICSです。 このカレッジの特徴は、アニマルコミュニケーション力向上の教育に、科学的検証を取り入れたトレーニングを取りいれており動物の言葉を忠実に伝えることができているかどうか「アニマルヴォイスアナライザー」を用いた検証を行っていることです。

こういった科学的なトレーニングというのは、他に例がなく世界初の試み、ということで、ユニークかつ実践的なトレーニングとして現在、世界的な機関アジアゴールデンスターアワードの商品賞 教育研究部門で表彰されることが決定しました。(表彰式は12月9日です)

インターネットで「アニマルコミュニケーション」で検索してみると膨大なアニマルコミュニケーターに出会うことができますが 「アニマルインタープリター(動物通訳士)」を検索してみると、数は少なく認定され活動している人が少ないのが現状です。 それくらい未だアニマルインタープリター(動物通訳士)という新たな領域で活躍できる方は少ないといえます。

動物との会話において、私達が人間である以上、どうして向き合わざる負えないことがあります。 それは、動物の言葉なのか?自分の思い込みなのか?という疑問や不安という感情です。

その時動物と話せたように感じても、実は常に会話がスムーズにできるという実感を持てる人はそう多くはありません。 いま学習中の方であっても、すでにアニマルコミュニケーターとして活動している方であっても必ず経験されているでしょう。

動物との会話の能力の向上は一朝一夕にはいかないもので、「動物の言葉を忠実にそして正確に伝える」という新たな領域は 何日かのトレーニングで会話ができるようになる、とは決して言えないもの…。

これが事実です。

AICSは、この事実から目をそむけたり、思いこみに陥ったりせずに動物との会話を阻害する原因とどう向き合いどうしたら改善できるか、 ということを科学的なトレーニングを用いて繰り返しトレーニングしていくことで 動物の言葉を忠実にそして正確に伝えることのできるエキスパートを育成しています。

「アニマルインタープリター(動物通訳士)」になるということは動物と人との心の交流のための「翻訳機」となることです。 動物通訳士の考えや想いを介入させずニュートラルであることが求められます。

自身の名声のための「エゴ」や「欲」があれば動物の言葉や心を忠実に伝えることはできません。 それらを手放し、動物にも、人にも、そして自分自身にも誠実であることでその動物との会話する脳力は磨かれます。

自分や動物のオーナーさんの「思い込み」どちらにも左右されずに忠実に言葉を伝えるために、 コミュニケーションを阻害しているものの正体と真摯に向き合うことが常に求められるのです。

AICSが提供するカリキュラムは、量子力学の理論を取り入れた脳力開発トレーニングと 膨大な量のコミュニケーションのケーススタディで構成され、科学的検証とトレーニングで根拠のある自信を養いながら、探偵犬との迷子捜索や、動物や植物から学ぶホリスティックアニマルケアなど、アニマルコミュニケーションの他にも、フラワーレメディ、アニマルセラピー、アニマルグリーフカウンセリングが学べいろんな発見と出会う冒険カリキュラムです。

継続して学習を続けるためには、勉強しやすい環境も重要になります。 時間の確保以外に、動物との会話に触れ続けることが出来る環境や好奇心や向上心を刺激するような環境に身を置くことも大事です。

この新たな領域へチャレンジしたい方、動物たちに貢献することを心から望まれるのならば、ぜひAICS のカリキュラムにチャレンジしてください。

AICSは、適切なトレーニングカリキュラムと継続的に学習を続けられる環境にて皆様をお待ちしております。

そこで、ご案内です。

この10月から「《無料》進路相談&個別のアカデミーガイダンス」をはじめました。 自分の今の実力を把握し目標を定めて計画的に学習を進めていくこと、今自分がどの段階にいるのかを把握し、なんのために動物との会話を学びたいのか、一歩ずつステップアップできるようにお一人お一人にマッチした 環境やカリキュラムをご案内します 。


オンラインで60分「《無料》進路相談&個別のアカデミーガイダンス」

こちら「AICSサポートデスク」までお名前と連絡先(メールアドレス)をご記入の上連絡ください。

aics@gift-tank.com

進路相談&個別のアカデミーガイダンスのスケジュールをお申し込み希望者様のスケジュールに合わせて設定させて頂きます。

ギフトタンクサポートデスク
https://gift-tank.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です