大人気の記事をブログで紹介!「人間と犬の起源について」

 

こんな話をご存知ですか?

エデンの園で人間と動物は仲良く暮らしていましたが、アダムとイブが追放され人間と動物の間に溝ができてしまいました。

その溝はどんどん広がり最後の瞬間に犬が飛び越え、人間側にきたのです。

これが人間と犬の始まりだというお話です。

アダムとイブがエデンの園を追われてから間もないころのこと。

人と動物は会話をすることができました。

動物も神さまから言葉を話す力を授かっており、自分の名前をアダムの耳にささやき、

その名前が人間の言葉に取り入れられていました。

ところが人がすべての生物を支配するのと時を同じくして、動物たちは自らを守るために言葉の周波数を変え、

人間との通話を遮断したのです。

こうやって人と動物の間に再び溝ができ、いつしか人間は動物と会話することを忘れてしまい現在に至る…

人と動物の会話の起源と、現在の有り様ですね

AICS×SAVICは、かつてのように、人と動物との会話があたりまえとなり、

人間の都合によって尊い命が無闇に奪われない世界の実現に向け、

動物の言葉を正確に聞き取り、また正確に伝えることのできる動物通訳士・アニマルインタープリターの育成を行っております。

アニマルインタープリターになるためにはどうすればよいのか?

アニマルインタープリターの検定を受けるには国際アニマルヴォイス研究機関SAVICが認定するAICS

(アニマル&ネイチャーインタープリターカレッジインセドナ)を修了しなければなりません。

AICSではアニマルコミュニケーション業界初の科学的検証を取り入れ、また脳力開発の高度なトレーニングを行い、

精度の高いコミュニケーションスキルを身につけていただけます。

カレッジ受講にもSAVICが認定するSACを取得後、入学試験を受けていただくなどいくつかの関門が設けられています。

未経験の方、ご自分の動物家族さんとお話されたい方、まずはアニマルコミュニケーション通信講座から始めてみませんか?

 

★ギフトタンクの講座は、ご自分にあった講座が選べます。↓↓↓↓↓

2019年8月~10月のお申し込み受付中です。

イベント、ワークショップ 、個人セッション開催スケジュール 2019年

動物通訳士育成 株式会社ギフトタンク gifttank Inc.

あ、すみません、寝てました
by ブラッキー

ギフトタンクの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です