大人気の記事をブログで紹介!「脳科学、脳力開発… 科学という言葉に抵抗がある」

脳科学、脳力開発… 科学という言葉に抵抗がある

アニマルコミュニケーションにそんなの必要ない

とお考えの方もいらっしゃると思います。

感情と気持ち、心は脳機能の手順に従って生まれ、育まれます。

物を見た瞬間に、面白いとか好きとか嫌いとか、嫌だとかそういう感情が自然に生まれます。

気持ちは感情とは違って、理解することによって生まれ、心は本能によって生まれ、考えることによって育まれます。

考えることはとても大切で考えないと心が育ってこないのです。

脳の仕組みや使い方を知ることで、心は限界なく育っていくのです。

人間同士コミュニケーションができるはずなのに、なかなか心を通わせることができない…という経験はありませんか?

つまり、それは相手の言いたいことという「見えないもの」が見えていない、

または、相手がこちらの言いたいことが見えていないということなのです。

話を聞くとき、文章を読むとき
相手の言いたいことはなんだろうという点に集中することがコミュニケーションの基本だと思います。

見える力
問題にすぐ気付く発見力
自分に何が求められているかを把握する力
ひとことで言い切る要約する力
一語一語を集中して読み切る精読力
最後の最後までやり遂げる意志力

このような力を脳科学で育んで、動物の言葉を忠実に伝えることができる動物通訳士の脳力開発をAICSでは行っています。

動物通訳士育成 株式会社ギフトタンク gifttank Inc.
https://gift-tank.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です