(お知らせ)代表今里、スイスのサイエンス誌「Cells」に論文が掲載、東久邇宮記念賞受賞~いい水をつくるのも、動物通訳士育成プログラムを構築するのも同じことしかしていないんです~

ギフトタンク代表の今里が開発している化粧品シリーズ「ローズガルヴァーニ」に使用している水「ヘキサZハイドロナノバブルウォーター」に関する論文が、スイスのサイエンス誌「Cells」に掲載されました。また、これらの実績が評価され 「東久邇宮記念賞」を受賞しました。



ヘキサZハイドロナノバブルウォーターの脂質代謝改善効果、等が評価され234掲載論文の中から、スイスのサイエンス誌「Cells」の表紙に抜擢される。

また、同水は、脂肪細胞を破壊する効果が検証されており、新型コロナウィルスやインフルエンザのウィルスのようなエンベロープ系の構造を持ったウィルスへの有効性も期待されており、さらなる研究が進められている。

また、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧、癌などへの有効性も認められており、医療関係者からも注目されている。

2021年4月には、このスイスのサイエンス誌論文掲載の実績と知的創造振興、指導教育の功績が評価され「東久邇宮記念賞」を受賞。


ギフトタンク代表の今里の科学者としての一面についてもう少し知りたい、とういことでスタッフがインタビューしてみました。                       

★STAFF:「ローズガルヴァーニ」に使用している水「ヘキサZハイドロナノバブルウォーター」の「脂質代謝改善効果」が評価されがスイスの科学誌「Cells」に論文掲載されるってどういうことでしょうか?(驚!)

代表今里:実はずっと、狙っていたのですが、この研究結果のすごいところはですね、美容ダイエットとかだけじゃなくてコロナウィルスに効果を出す可能性があるということなんです。何故かというと、コロナウィルスはその構造からエンベロープ脂質性の膜があるので、この脂質性の膜を壊せばウィルスは死滅するんです。

水素原料の方が効果はあるとされていましたが、結果がそれを上回りました。「ヘキサZハイドロナノバブルウォーター」は脂肪を壊しますし、生きてる細胞は増やしますから元気になるし、癌の好物の脂肪もなくなれば、健康飲料水としても良いですね。

★STAFF:脂肪を壊して生きてる細胞を増やすなんて凄い水ですね!! しかし、今期総セッション444時間、延べ358人の受講生とコーチングしながらこの研究をジワジワと水面下でやっていたとうことですか。。。研究結果はもちろんですが、こちらも驚いております(笑)

代表今里:はい、人間だけでなく動物のためにもなりますから、とりあえず飲料水作ります。いろんなことをたくさんやってて大変ですねとよく言われますが、いい水を開発するのも、動物通訳士育成のプログラムを開発するのも、私はひとつのことしかやっていないんです。

★STAFF:ひとつのことが、水の開発と動物通訳士育成のプログラムを開発の両方の展開につながるとは、今後のそれぞれの発展が楽しみです。


動物通訳士育成ギフトタンク gifttank Inc.

お問い合わせ:info@gift-tank.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です