動物通訳士を目指す!日本初のアニマルインタープリター教育

AICS - Animal & Nature Interpreter College of Sedona

資料請求・お申し込み

Animal & Nature
Interpreter
College of Sedona

アニマル & ネイチャーインタープリター カレッジ オブ セドナが2018 年3 月よりスタート。

動物通訳士検定SAVIC 認定プログラム

科学的検証を取り入れたトレーニング、GPSや探偵犬との模擬迷子捜索、動物植物から学ぶフラワーレメディなど充実したカリキュラム

アニマル&ネイチャーインタープリターカレッジオブセドナ(AICS)は、マイア・キンケード博士が1997 年に創設したセドナ・インターナショナル・スクール・フォー・アニマル&ネイチャー・コミュニケーションによるSAVIC認定のオンライン教育プログラムであり、テレパシック・コミュニケーション(テレパシーによるコミュニケーション)の世界をリードする動物通訳士の逸材を育成することを目的とした、世界初、動物通訳のエキスパート養成教育プログラムです。

AICSの特徴は、科学的検証とトレーニングで根拠のある自信を養うSAVIC研究所との共同プログラムや、マイア博士とSAVIC研究所が共同開発した世界初のジャパニーズフラワーレメディー「Flower Symphony」を用いたホリスティックケアを動植物から学んだり、探偵犬たちとの模擬迷子捜索などいろんな発見と出会う冒険カリキュラムです。

世界中のどこからでもオンラインで繋がり、アニマル&ネイチャーとの対話や通訳の画期的なスキルを学ぶことが出来ます。

国際検定機関SAVICの認定オンライン教育プログラムです

Society for Animal Voice Interpretation and Communication - Savic

サテレパシックコミュニケーションの研究機関SAVICは世界中の動物保護活動家たちによって2017年に創設されました。

2016年に「犬は飼い主の言葉を理解、脳研究で判明」という、うれしいニュースが飛び込んできました。同年8月29日付で学術誌「サイエンス」に掲載された記事でハンガリーブダペストの動物行動学者の発表でイヌの脳も人間と似た方法で情報を処理しているといった内容のものでした。では逆に、人が動物と話せているという検証をすれば、人々にもっと動物たちの声を届けることができるのでは?という活動家たちの想いがSAVICを誕生させました。多くのアニマルコミュニケーターと称する方々をモニターリサーチしMRA(共鳴磁場分析装置)やあらゆる方法で検証し、マイア・キンケード博士にたどり着きました。

マイア・キンケード博士が講師を務めるAICSは動物通訳士研究・検定機関SAVICの世界初で現在唯一の公認教育プログラムです。

動物通訳士検定SAVICの詳細はこちら
マイア・キンケード

SAVIC名誉グランドマスターインタープリターマイアキンケード博士が講師です

セドナ・インターナショナル・スクール・フォー・アニマル&ネイチャーコミュケーションおよびアニマルコミュニケーション大学の創始者及びリードトレーナー。

研究機関SAVIC GLOBAL名誉GMDインタープリター。
テレパシーを通じて動物と会話する動物通訳士の先駆者であり、経験豊かな教師として非常に高い評価を博している。

著書も多数(6 作)あり、動物はもちろん自然(樹木や野菜などの植物、昆虫、地球など) との対話や通訳を教える教師としては1997 年から息の長い活動を継続中。本格的に学びたい人向けのオンラインスクールや個人セッションも大人気。

マイア博士の情熱は、全ての人が動物、植物、昆虫、地球に耳を傾けるべく、生来のテレパシー能力に目覚めることを可能にすることに向けられている。

マイア博士のプロフィール
パソコンやタブレット、スマートフォンで受講可能

受講はオンラインで。

ウェビナー受講であっても発言や質問を通常の受講と同様に行うことが出来ます。ウェビナー参加者同士のペア練習なども授業中に行うことが可能です。オンライン教育を都内会場に集まって受講することが出来ますので仲間が増え、学びや研究をシェアし合えるというメリットがあります。

※パソコン、タブレット等でインターネットが使える環境が必要になります。都内会場にはあらかじめ必要機材をご用意しております。
※パソコンその他の機器を通じたウェビナー受講の方法についてのご質問は運営会社の株式会社ヴォイスプロジェクト(TEL:03-5770-3321)までお問い合わせください。

1回あたりの受講費用が、約2万円。割引制度でさらにお得に!

高い教育をリーズナブルな価格

AICSの受講費用は、通年受講申し込み(全4コースへのお申込み)で年間24万円の割引がされます。

AICSでは2時間の講座が月間4回開催。各コース最終日にはディグリー検定が実施されます。受講費用や検定費用等、全ての受講費用が一回あたり通常約2.5万円のところ、通年受講申込で約2万円に!。受講サポートや各種特典を含めた内容で、皆様の学びをサポート致します。イベント優待招待や割引制度も見逃せません。

2種のカリキュラム

充実のカリキュラムが用意されています

全てのコースはそれぞれ全3ヶ月間、毎週開催の受講を通して、アニマルコミュニケーションを卓越した、これまでに類を見ない画期的テレパシックトレーニングカリキュラムで、動植物との会話力を引き上げます。

AICSの特徴の一つは、テキストをもとに学ぶのではなく、「ホワイトノートメソッド」と呼ばれる自分だけのメソッドを、学びながら作りあげていくスタイルを取り入れております。これらを全員でシェアすることによりまたさらなるテレパシックコミュニケーションの世界が広がります。

一人ひとりの対話力を確実にするための充実のカリキュラムが用意されています。ぜひご覧ください。

カリキュラム&スケジュール(受講期間A) カリキュラム&スケジュール(受講期間B)

20183月よりスタート!

  • 受講期間:3ヶ月

    ひとつのコースは3ヶ月間の受講期間となっております

  • 受講時間:2時間

    毎週2時間のクラスを受講していただけます

  • 月間開催:4回

    月4回のクラスが実施され、コース最終日にはSAVIC の認定試験が行われます

実施日 A:2018 年3月8 日スタート(毎週木曜日 AM10:00-AM12:00開催)
B:2018 年4月7 日スタート(毎週土曜日 AM10:00-AM12:00開催)
開催地 ご自宅等でのウェビナー受講となります。
開催されるコース アソシエート(AD)、バチェラー(BD)、マスター(MD)、グランドマスター(GMD)
受講料 ・各コース30万円(通常価格)
・全コースのお申し込みの場合:1コースあたり24万円(4コース96万円-20%割引)
(すべてのコースへお申込みをされますと20%割引となります。)
お支払い方法 ・クレジットカード払い(月々のお支払い)
・銀行振り込み(一括払い)
※クレジットカードでの一括払いは決済会社の規約上の理由から、ご利用いただけません。銀行振り込み(ご一括でのお支払い)にて入金して頂く場合は、振込手数料は受講者様のご負担とさせて頂きます。
受講資格 オンラインカレッジ受講の前にマイア博士の「セドナ式 アニマル & ネイチャー コミュニケーション・アドベンチャーズ」ワークショップ 2 日間を2 回受講していただく必要があります。 ※上記の条件に満たない場合、2018年3月17日,3月24日開催予定の個人コーチング2枠またはグループコーチング5時間以上の受講とケーススタディー5件以上の提出で受講資格が満たされます。詳細は株式会社ヴォイスプロジェクトのウェブサイトをご参照ください。

※上記の金額はすべて税抜金額です。銀行口座からの自動引き落としの手数料またはカード決済の場合は各クレジット会社規定の手数料をお支払いいただきますのでご了承ください。
※最終日に行われるSAVIC 受験料は2018年度中は受講料に含まれていますので、別途お支払いいただく必要はありません。

AICSでは、アソシエート(AD)、バチェラー(BD)、マスター(MD)、グランドマスター(GMD)という4つのディグリーコースが設けられ、上級コースに進級するにはコース最終日にディグリー検定試験を受験し、該当する学位を取得する必要があります。すべてのクラスはマイア・キンケード博士が直接教え、全ての授業に日英逐次通訳が付きます。(毎月4週目はSAVIC研究所のカリキュラムとなりますのでマイア博士は不在となります)

各コースの最終日は動物通訳士検定試験SAVIC の受験日となり(検定時間の1 時間が追加になります)、各コースを修了した方は修了証書が授与され、学びながら国際水準の認定各学位を取得できる仕組みになっております。最短約1 年で4 コース全てを修了し卒業することが可能です。

映像

お申込みについて

資料請求はこちら 受講お申し込みはこちら

2018年度の募集は締め切りました。

上記リンク先に設置されています、自動送信フォームより資料請求や受講のお申込みをしていただけます。お申込みの際はプライバシーポリシーやAICS 受講規約をよくご確認頂き同意した上で送信をお願い致します。